シミができたら治療でシミ取りを【若々しい肌を取り戻すために】

種類で治療が変わる

カウンセリング

色々な種類がある

シミは、一種類だけだと思うかもしれません。しかし、実際は色々な種類があって原因も対処方法も違います。自分がどのタイプのシミなのかを知り、それに合うシミ取りの治療を受けるようにしましょう。代表的なシミの種類をご紹介していきます。

老人性色素斑

これは、これまで浴びてきた紫外線が皮膚の中で蓄積されたことで発生するシミです。紫外線は、肌へ大きなダメージを与え、肌のバリア機能のメラニン細胞が活性化し、肌の色素を作る出すメラニンを過剰に作ってしまいます。そうなると、メラニン色素が肌に浮き上がってきてシミになります。主に顔や手の甲、腕などに老人性色素斑が発生しやすいとされています。また、名前に老人性とありますが実際は20代から発生するといわれています。そのため、20代だから大丈夫と思わずに日頃から紫外線対策を行なっておくことが大事です。老人性色素斑のシミ取り治療は、レーザー治療や内服薬・外用薬が有効です。最も早くシミ取りが可能なのは、レーザー治療になります。

そばかす

そばかすは、目の周りや頬などにできる小さくて茶色のシミです。これは、遺伝的要因が強い症状だといわれており、子どもに多く見られるシミです。そのため、成長とともに薄くなっていくのも特徴の一つになります。しかし、子どもの時でなく大人になってから発生するそばかすもあります。大人になってから発生した場合、消えにくいのが特徴的です。
そばかすが発生する原因は、紫外線などの外からの刺激だといわれています。肌の外から刺激を受けることで、活性酸素が発生し、紫外線によってメラニンを生成されてシミとして肌に発生するとされています。有効的な治療は、レーザー治療やフォトフェイシャル、内服薬です。

肝斑

肝斑は、顔に現れるシミです。頬骨・額・鼻の下などに左右対称に発生するのが特徴です。原因は、妊娠などの女性ホルモンの乱れや紫外線、ストレスなどになります。また、肝斑は他の種類のシミと併発することが多くて美白効果のある化粧品で改善することが難しいとされています。そのため、肝斑を改善するのなら美容皮膚科などでシミ取りの治療を受けることが有効だとされています。レーザー治療や内服薬・外用薬でシミ取りを行なうのがおすすめです。

どのシミにも合う治療

これまでご紹介してきた通り、どのシミの種類にもシミ取りするならレーザー治療が有効だというのが分かります。レーザー治療の場合、一度だけでも効果を実感しやすいことから美容皮膚科ではおすすめしている治療法になります。シミで悩んでいるのならレーザー治療でシミ取りするのを検討してみてはどうでしょうか。

鏡を見る女性

治療の流れ

美容皮膚科でシミ取りの治療を行なうことは、確実に除去できるので受けたいと思うでしょう。そんな人に治療の流れについて紹介するので、把握した上で病院へ行ってみてはどうでしょうか。

頬を触る人

レーザーの種類

シミ取りで有効な治療法は、レーザー治療になります。この治療は、レーザーの種類があり、それぞれ効果などが異なります。自分のシミにどれが有効なのかを知り、治療を受けてみてください。

鏡を見る女性

料金を把握する

美容皮膚科でシミ取りを行なう場合、料金がいくらなのか気になるでしょう。料金は、シミの数や範囲などによって異なりますし、治療法によっても異なるのでいくらぐらいになるのかご紹介します。

医師

病院や医師について知る

シミ取りの治療を受けるとなれば、治療を受ける病院を探さなければいけません。また、シミ取りの治療は医師の腕が必要なので事前に実績を確認した上で病院を選ぶようにしましょう。