シミができたら治療でシミ取りを【若々しい肌を取り戻すために】

  1. ホーム
  2. レーザーの種類

レーザーの種類

頬を触る人

レーザー治療の種類

シミ取りには、さまざまな治療法があります。今最も効果があるといわれているのは、レーザー治療です。レーザーでもシミの種類によって異なりますし、それぞれ特徴や効果が異なるので、どういったレーザーがあるのかご紹介します。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、特殊な光を肌に当てることで肌の奥底にある層からシミの原因となるメラニン色素にアプローチしてシミ取りできる治療法になります。この際に当てる光が「IPL」と呼ばれており、メラニン色素だけに反応する特徴があります。また、IPLを肌に当てることでコラーゲンの生成を促すことができるので、シミ取りと同時に肌のつややハリも上げることができます。そして、フォトフェイシャルに高周波の効果を加えたのが「フォトRF(オーロラ)」になります。これは、シミ取りの他に毛穴のケアやたるみにも効果があり、美肌を手に入れることができます。肌の引き締めやスキンケアにも最適な方法なので、加齢による肌トラブルを解消しやすくなっています。肌に負担が少ないのも特徴なので、肌が弱くて不安だというのならフォトRFがおすすめです。これらは、医療用ではないので出力の弱い光で行なうことになります。

レーザー治療

レーザー治療は、医療用になるので高い効果を期待できます。そばかすや肝斑などのシミ取りに有効で色素細胞自体を取り除いていく治療になります。それに、シミのある箇所周辺の肌組織に影響を与えることがないので安全性が高く今注目されています。他にも、タトゥーなどの人工的な色素にも効果があります。即効性が高くて早くシミを取ってしまいたいと考えているのなら最適な治療法になります。レーザーの種類も色々とあり、シミの種類によって異なります。
YAGレーザーは、2種類の波長を使い分けて表皮と真皮にあるシミを除去できます。消せるシミは、老人性色素斑、そばかすなどです。基本的には一度の治療で除去できますが、一週間ほど患部に絆創膏などを貼っておく必要があります。Qスイッチレーザーは、皮膚の深い部分にできたシミに対して有効です。治療を終えてからは、一日に2回ほど軟膏を塗って患部を保護します。最終的にシミの除去を確認できるのは、一週間から10日ほどかかるとされています。除去できるシミは、広範囲のシミやあざ、そばかす、各種のあざなどになります。また、先天性の薄くて青いあざにも有効です。注意すべき点は、肝斑の場合だと色が濃くなってしまうので事前に医師に確認してもらったほうがいいでしょう。
レーザートーニングは、肝斑にも効果的なシミ取り治療です。それに、コラーゲン生成も促進できるので肌のハリも改善できます。また施術後すぐにメイクが可能です。

レーザー治療以外にも、「ケミカルピーリング」、「ビタミンCイオン導入」、「注射・点滴」、「内服薬・外用薬」などがあります。自分がしてみたいシミ取りの治療を選んで綺麗な肌を取り戻せるようにしましょう。